« 2001年12月 | トップページ | 2002年2月 »

2002年1月の14件の記事

ラグナロク日記

パーティーを結成した。たまたま同じ場所で戦ってて、たまたまレベルが同じくらいで、雑談してたら気があって。そんな出会いがあるから楽しい。とりあえずの目標として全員が同じ装飾具を身に付ける、というのを掲げた。右側の女性が頭に装着している装飾具。買えば150,000zというかなり高いもの。これを敵からぶんどろうというのである。これを落とす敵は通称「蛾」。というわけで「Team蛾」が結成されたのである。今のところメンバーは4人。全員がこの装飾具を身に付けて整列したスクリーンショットを取ること。早くそれを実現したいものである。ちなみにその次の目標はねこ耳ゲット。

開発記【その3】

年末年始の入院騒ぎですっかり創作意欲を減退させていたが、全く触ってないというわけでもない。敵キャラの配置などまではやってないが、動きの確認をする為のルーチンなんかは作ってあり、気が向いたら微調整を行っている。任意に敵が出現させられるのでなかなか楽しい。

ねむねむ

流石にこの時間はもう眠い。やっと晩?ご飯を食べ終わった。仕事で成果があがればあがるほどさらに忙しくなる。しょうがないけどやりきれない。

ラグナロク日記

平地に屋台村を作ろう!との呼びかけに答えて、一日がかりで商人を育てた。そろそろお金を稼ぐ方法を考えないと、いつまでたっても店が開けない。スクリーンショットは砂漠と森をつなぐ吊橋の上。絶景。

壊れたプリンター

とは言っても半年以上前からであるが、全く印刷ができなくなっている。恐らくインクはあるがBJカートリッジが老朽化しているのではないかと思われる。そう思ってて半年直してない。別にプリンタが無くても困らないということか。あれば使うのだろうが。

ラグナロク日記

ようやくLv9まで到達。転職ができるようになった。何にするか色々迷ったが、初心者向けだという剣士を選ぶ。剣士ギルドで転職祝いとかでいもやらキャンディーやらを頂く。優しい人が多い。スクリーンショットは猫耳軍団に紛れ込んだ俺の図。

ラグナロク日記

噂の韓国発、オンラインRPGラグナロクを始めて今日で3日目である。今までほとんどレベル上げだけに勤しんできたのだが、今日はちょいと町の中を探検してみた。コマンドで現在接続中の人数がわかるのだが・・・4400人超えてるよオイ。めっちゃくちゃ重たい。武器屋に入ってみたのだが・・・なんか熱気が漂ってきそうな、そんな店内である。自分がどこにいるかわからなくなってみたり。

http://tiyu.to/

「ちゆ12歳」というサイトを知ってるだろうか?初めて踏み込んだとき(ちなみに「侍魂」で扉絵の募集→発表のときである)は、配色とか左上のマスコット(というかサイトの運営者?)の画像を見た瞬間に『うわっやばっ』と早々に逃げ出したのだが、あまりにも方々で噂になってるので一度じっくり探検してみたのだが・・・面白い。ギャップが楽しい。掘り込み方が鋭い。今ではファンである。

スパム

入院中に@niftyアドレス宛に届いていたメールが22通。うち英語のスパムメールが20通。ヘッダーを見ると、殆どの場合旧ニフティサーブのID宛(VYZ05117@nifty.com)に届いている為、スパムメールブロックという機能を使ってそういうメールを全て破棄することにした。メールボックスにすら入らない。OutlookExpressのメール振り分け機能を使うと一旦は受信してしまうので、それよりさらに根本的な解決なのではないかと思われる。旧IDの場合、アルファベット3文字と数字5文字の組み合わせなので、スクリプトさえ組んでしまえば全ID宛にスパム送ることなんか簡単にできてしまう。まぁそれを防ぐのも簡単だった、というだけの話なのだが。

退院

12日の土曜日に退院が決まった。治るまでに想像以上に時間がかかった。病院に来た当初は、相当酷い状態だったらしい。20日もの休みを経て、職務復帰できるかどうか不安である。それでなくとも苛酷な職場なのだから。

高校サッカー

やはり国見か。久々に高校サッカーを見た。入院してなきゃ多分、いや絶対見てないだろう。それほど高校サッカーには興味がないから。そんなこと言ってる奴に、冒頭のような訳知り顔した台詞を吐く資格はない。

10日ぶりの風呂

昨日、それまで24時間刺さりっぱなしだった点滴が取れ、久しぶりに風呂に入った。熱が出始めた去年の27日から、ずっと禁風呂だったのである。フケなんか恐ろしい程出てた。たかが風呂だが至極感動した。

病院

入院中である。治りかけてきていて余裕があるから暇である。で、初めて気が付いたのだが、この雑記帳、i-modeに対応してやがる。入院5日目の新発見である。

死んじゃう

年末年始と、とんでもない目にあってる。12月27日に発熱開始。翌28日には病院へ行き注射をしてもらう。以来5夜連続で39度を超える高熱にうなされている。元旦の今朝は40度を超えていた。扁桃炎恐るべし。

« 2001年12月 | トップページ | 2002年2月 »