« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »

2004年1月の3件の記事

初期不良

駅前のビッグカメラでWD1200JBという120GBのHDDを購入し、今まで使っていた死にかけのMaxtorと別れを告げようとした。

BIOSが認識しねぇ

ジャンパースイッチの設定が悪いのかと、ああでもないこうでもないといじくりまわしたがさっぱり。BIOSのアップデートまで行ったが駄目。ビッグカメラに問い合わせして、動作確認をしてもらうことにした。

通電しねぇ

こんな初期不良初めてだ・・・。

クラスタスキャン

どうもデスクトップ(自作)の調子が悪く、クラスタスキャンをしてみることに。昨日の夜寝る前にセットしたので、朝には終わってると思ったら20%くらいしか終わってない。おやおや、と思って今日会社行ってる間放置。さすがに終わってるだろ、と思ってさっき家に帰ってきたら

ま だ や っ て や が る 。

なーんかコリコリ嫌な音もするし。どんだけクラスタにエラー出てるんだろ?XPアップデート版買ってきたんだけど怖くて入れられんわ、これ。HDD入れ替えるべか・・・。

原因を追究すること。

何か疑問に思ったとき、不都合に感じたとき、問題がおきた時に、その原因を追究するか「ま、いいか」で済ましてしまうかでその後の結果が大きく変わってくることは多い。特にビジネスの現場では、刻々と変化する状況の中で、的確に問題点の原因をつかみ対処していくことが肝要である。

さて。

ここ半年くらい、会社でやり残した書類を「やりたくないけど家で続きやろう・・・」とメールで送信するも、「添付ファイルが安全でないので削除された」というメッセージが出てしまい、受信不可の状態となっていた。元々家に帰ってまでやりたくないので「これは家で仕事はするなという啓示なのだ・・・」と、深く原因を追究することはなかった。

俺、いつのまにOutlookExpressで「添付ファイル自動削除」設定にしてたんだろう・・・。そして、それを半年以上忘れてたってのも・・・。

教訓:問題意識を常に持つことが、問題解決への近道である。

« 2003年12月 | トップページ | 2004年2月 »