« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年5月の6件の記事

衝動買いその3 Paul Smith Collection

Paul Smith Collection

03

メガネがイギリスのブランドなので、スーツもそれに合わせて。スリムに見えるかな?見かけだけスリムじゃダメだけど。運動しよう・・・。

お金は天下の回り物。とはいえ同日に比較的大き目の買い物3点ってのは初めてかも。

衝動買いその2 KATHARINE HAMNETT LONDON

KATHARINE HAMNETT LONDON

02

そろそろメガネを新調しようと思って眺めてて一目ぼれ。でも、即買いたい気持ちを珍しく1週間抑えた。今までかなり長い期間フレームレスだったので、かなりイメージ変わるかも。縦が短いとなんとなく視界が狭く感じる・・・。

本棚

床に平積みしてたのがだんだん邪魔になってきたので、本棚を購入。

P1010006

自分で組み立てるタイプのもので、ドライバーが小さいのしかなかったので結構疲れた。1つで収まるかどうかどうか心配だったが、まぁなんとかなった。しかし、会社にもまだ20冊くらいあるんだよな・・・。

衝動買いその1 シャープ液晶テレビ「AQUOS」

シャープの20インチ液晶テレビ「AQUOS」

Aquos

東京に来て3年間テレビの無い生活を続けてきた(とはいえパソコンにTVチューナーが付いてるので、その気になれば見られる)が、ここ最近面白くないことが続きなんだかムシャクシャしてたので、気分転換に散財することに。その第1弾。

パソコンにもつなげてしまおうと目論んでいたのだが、いざやってみると1024×768以上の解像度にできない、DirectX対応ゲームをやろうとすると画面が表示されない、というわけでパソコン環境は今までのままとすることに。

今日は他にも2つ、わりと大きな買い物をした。受け取りが来週・再来週なので、モノが届いたら再度報告。

1ヶ月何も書いてなかった

ふとバックナンバー欄を見たとき、2006年3月が無いのに気が付いた。雑記帳のころから1ヶ月何も書いてない時というのはほとんど無かった(2001年5月から書き始めて、2003年10月と2004年6月の2回だけ)ので、なんでだろ?とちょっと考えてみた。ちなみにmixiには9件書いてるので、猛烈に忙しかったのは確かだが、書く気が失せてたというわけではないようだ。

スタンスの問題なんだろうか。mixiは直接会ったことがある人しかマイミクシィには入れていない。それだけ近い人から見られる場所ということ。実際mixiの用途は『近況報告』のためである。しかし、遊々窓々はむしろ会ったことが無い人との交流が中心の場である。というかむしろ、遊々窓々は毒を吐く場所である。

とすると書き込みの無かったこの期間というのは、吐く毒が無かったのか、それとも溜めてるのか。多分後者。

自動車税

Tax

大型連休直前、会社の同僚としこたま飲んで気分良く帰ってきたら、なんか嫌~なものがポストに投函されていた。

『自動車税納税通知書』

なんか今年からコンビニ決済もできるわ、インターネット決済もできるわ、『支払いやすい税金』っていう制度だけは整えたらしい。自動車税は地方税だから、これは東京都の努力なのかな?他の都道府県はどうなのかは知らない。

ところで今年から自動車税の制度が若干変わった。県外移転による還付制度が無くなったのである。勘違いしやすいのだが、自動車税の還付制度そのものは無くなってない。今までは、年度の途中で自動車税を払った都道府県から外へ移転した場合、住んでない分の自動車税は月割りで返してもらえる制度があったのである。これが今年からは無くなった。廃車にする場合の月割り還付は従来どおりである。毎年4月1日に自動車を持ってる人は、住んでる都道府県に対し全額税金を払う義務が発生する。この徴税制度は今までと何も変わっていない。たまたま県外移転のみイレギュラーで還付する制度があっただけである。まぎらわしくてしょうがないのだが、マスコミ報道はセンセーショナルにしたがるので『自動車税の還付制度が無くなる!』みたいな書き方をしているが、勘違いしないようにしたい。

勘違いといえば、中古車の購入時や、手放す際の自動車税。車検が残っている車の売買の場合、ちゃんとした販売店なら必ず『自動車税』ではなく『自動車税未経過相当額』(手放す場合)とか、『自動車税相当額』(購入時)という書き方をしているはずである。販売店が代わりに税金を徴収しているわけではない。自動車税の納税義務があるのは毎年4月1日時点での所有者であり、仮に4月2日に手放したとしてもその年の自動車税の納税義務があるのは4月1日時点での所有者である。この制度そのものは今も昔も変わってはいない。ただ単に商慣習として、月割りした税額相当を新所有者が旧所有者に渡してあげる形になっているだけである。

車検の付いている車を中古車販売店から買う場合、通常そのクルマに対する自動車税は既に納められているはずである。商慣習として、購入者は『自動車税相当額』を、販売店に支払っているに過ぎない。もし車検付きのクルマを購入する機会があったら、是非明細をチェックしてみて頂きたい。『自動車税相当額』ではなく、『自動車税』と書いてあったら、その販売店は間違ってる。

同様、車検がまだ残っているクルマを買取店に持っていったとして、買取金額を提示されたら『この額に自動車税未経過相当額ってプラスされますよね?』と聞いてみよう。ものすごーく嫌な顔をされるはず。自動車税や消費税って買取店の利益になっちゃうのだ。知らないと損するゾ。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年7月 »