« 営業と予算 | トップページ | 1ヶ月何も書いてなかった »

自動車税

Tax

大型連休直前、会社の同僚としこたま飲んで気分良く帰ってきたら、なんか嫌~なものがポストに投函されていた。

『自動車税納税通知書』

なんか今年からコンビニ決済もできるわ、インターネット決済もできるわ、『支払いやすい税金』っていう制度だけは整えたらしい。自動車税は地方税だから、これは東京都の努力なのかな?他の都道府県はどうなのかは知らない。

ところで今年から自動車税の制度が若干変わった。県外移転による還付制度が無くなったのである。勘違いしやすいのだが、自動車税の還付制度そのものは無くなってない。今までは、年度の途中で自動車税を払った都道府県から外へ移転した場合、住んでない分の自動車税は月割りで返してもらえる制度があったのである。これが今年からは無くなった。廃車にする場合の月割り還付は従来どおりである。毎年4月1日に自動車を持ってる人は、住んでる都道府県に対し全額税金を払う義務が発生する。この徴税制度は今までと何も変わっていない。たまたま県外移転のみイレギュラーで還付する制度があっただけである。まぎらわしくてしょうがないのだが、マスコミ報道はセンセーショナルにしたがるので『自動車税の還付制度が無くなる!』みたいな書き方をしているが、勘違いしないようにしたい。

勘違いといえば、中古車の購入時や、手放す際の自動車税。車検が残っている車の売買の場合、ちゃんとした販売店なら必ず『自動車税』ではなく『自動車税未経過相当額』(手放す場合)とか、『自動車税相当額』(購入時)という書き方をしているはずである。販売店が代わりに税金を徴収しているわけではない。自動車税の納税義務があるのは毎年4月1日時点での所有者であり、仮に4月2日に手放したとしてもその年の自動車税の納税義務があるのは4月1日時点での所有者である。この制度そのものは今も昔も変わってはいない。ただ単に商慣習として、月割りした税額相当を新所有者が旧所有者に渡してあげる形になっているだけである。

車検の付いている車を中古車販売店から買う場合、通常そのクルマに対する自動車税は既に納められているはずである。商慣習として、購入者は『自動車税相当額』を、販売店に支払っているに過ぎない。もし車検付きのクルマを購入する機会があったら、是非明細をチェックしてみて頂きたい。『自動車税相当額』ではなく、『自動車税』と書いてあったら、その販売店は間違ってる。

同様、車検がまだ残っているクルマを買取店に持っていったとして、買取金額を提示されたら『この額に自動車税未経過相当額ってプラスされますよね?』と聞いてみよう。ものすごーく嫌な顔をされるはず。自動車税や消費税って買取店の利益になっちゃうのだ。知らないと損するゾ。

« 営業と予算 | トップページ | 1ヶ月何も書いてなかった »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67538/57445528

この記事へのトラックバック一覧です: 自動車税:

» 自動車税の還付と廃車について [自動車税を極める!車の税金の『自動車税NAVI』]
自動車税と自動車重量税の還付は、廃車をすると受ける事が出来ます。自動車税の還付は、月割り計算をする為、廃車する時期が早ければ早い程、多くもらえる事になります。 [続きを読む]

« 営業と予算 | トップページ | 1ヶ月何も書いてなかった »