« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の1件の記事

けじめ

「遊々窓々」開設時には既に開発を始めてたから、既に7年半が経過してることになるのか。Hspで開発しているシューティングゲーム「Distance」は、未だに未完成のまま。バージョンは1.13で2面まで作った状態のまま、何年も凍結されている。

原因はいくつかある。次のバージョン(敵の動きをテストする特殊ルーチンを追加し、数十機の敵を追加した状態)がちょっとしたミス(WindowsMEという不安定なOSで開発していたのが不幸だったのか)で失われてしまったこと、同時にソース・絵などの素材を失ったこと(これはとある人の協力でかなり復元できた)、ネットゲー(RO)にはまってしまったこと、転勤でかなり仕事中心の生活になったことなどなど。

改めて考えてみると、一番最初の消失事件が無ければあと1ヶ月もあれば恐らく一旦完成はしていただろう。でもその後開発が止まってしまったのは最後の理由が一番大きいように思う。熱中できるものがあれば、他に目は向かなくなる。結局「意欲」の問題なのだ。消失事件で失った意欲は簡単に取り戻せなかった。転勤して仕事が面白くて、生活のほとんどを仕事に充てるような生活になった。没頭するタイプなので、ここまで一つのことに集中すると他のことに目が向かなくなる。ここ数年は仕事だけのために生きてきたと言っても過言ではないだろう。

転機は去年。"徒然日誌"側にいろいろグチってあるのだが、仕事が面白くなくなってきた。与えられた役割をまっとうできなかったのが原因なのだが、その役割が今までの経験(得意分野と言っていいだろう)や積み重ねてきた顧客との関係を完全に無視したものだったこと、その役割をお願いされ受けてしまったこと(状況的に逃げ場は無かったのだが・・・)、どれだけもがいてもうまくいかなかったこと、それどころか周囲の評価が極端に下がってしまったこと、結果として今年に入りマネージメントの役割を剥奪されたこと・・・まぁ結局は自分が悪いのだが、仕事中心の生活を改めるいいきっかけにはなったように思う。

最近プライベートの割合を増やすようになってきた。例えばゴルフを始めたり。会社から帰る時間が2~3時間は早くなったり。こういうタイミングで"やりかけ"のことをそろそろ片付けてしまいたい。おおげさかもしれないが、タイトルにもあるように「けじめ」をそろそろつけるべきだと思う。

というわけで、このblogは「Distance」の開発を少しでも進めた時に、その記録を"日誌"として残す目的で新設された。"記憶"はあてにならないので"記録"を残す。その足跡が"奮闘記"・"解剖記"・"改造記"のように誰かの役に立つことがあれば幸いである。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »