« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年10月の1件の記事

情けは人のためならず

最近は「その人のためにならないから、情けをかけてはいけません」と誤用されることが多いらしいが、本来の意味は「他人にかけた情けはやがて自分へ帰ってくる。だから情けをかけましょう」である。

ただ、その「情け」をかけるタイミングや方法は、意外に難しいものだと思う。最近それを痛感させられることが多い。私は今まで、他人が困っている様子が感じられたら、自分のことは後回しにしてでも、なるべく手助けするようにしてきた。でも、それが邪魔に感じられてしまったり、煩わしく思われてしまったり、場合によってはキレられてしまうようなことまである。その人のためを思ってやったこと・言ったことが「余計なお世話」になってしまうのだ。正直これは辛い。結果的は何もしない方が自分のためになってたわけだから。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »