« [奮闘記]文章を表示させるのだ(その2) | トップページ | [奮闘記]文字を動かしてみるのだ(その2) »

[奮闘記]文字を動かしてみるのだ(その1)

マニュアルにも載ってたけど、プログラムには「旗」を立てるらしい。なんのこっちゃ。なになに?「印をつけておくこと」・・・・・・・だったら印って言えよ~(ToT)/


*MAIN
X=X+1
Y=Y+1
POS X,Y
MES "動く~"
IF Y<400 : GOTO *MAIN
STOP

とりあえずこういう感じで使うらしい。1行目の「*MAIN」が旗(「フラグ」と言うそうな)。問題は7行目だな。この「IF」ってのが曲者だ。

IF (条件式) : (条件式が正しい場合の命令)
条件式が成立したときはすぐ後の「:」以下へ、条件式が成立しない場合は次の行へ移動。

つまり、上のプログラムで赤い部分を日本語にすると「もし変数Yが400より小さかったら、*MAINに戻ってね」っていうことらしい。日本語で書くと冗長だな。だから英語を使うのか?まぁいいや。

つ まりこのプログラムでは、カレントポジションをちょっとづつ増やして「動く~」の文字を右下へ移動させたかったのだ。でも延々とやられても困るから、条件 式を使って途中で止めるようにしたと。Y軸が400以上になったら繰り返しをやめて停止するっつーわけだな。おっと、一個命令を脳味噌にインプットするの を忘れてた。

GOTO (フラグの名前(ラベルと言う))
指定したラベルへ移動。

「IF」にも「GOTO」にも『移動』っつー言葉を使ったけど、要はプログラムの進行をいじる命令なわけだな。MULTIPLYで条件分岐したりとか、空 白チップで回路全体を循環させるようにしたりしたけど、そんな感じのことか。そういや昔BASICを触ってたころに「GOSUB~RETURN」っつーの があったぞ?「GOTO」を使うとプログラムがややこしくなるから、極力「GOSUB~RETURN」でサブルーチン化した方がいいっていう話しがあった ような・・・。まぁいい、そのうち出てくるだろ。多分。

ところで、上記のプログラムを試した人(もしくはプログラムに詳しい人)は気づいたと思うんだけど、これを実行すると妙なことになっちゃうのだ。ちょっと見てくれ。

こんな風に斜めに棒が表示されちゃうのだ。なんで?うーん・・・続きは次回。

« [奮闘記]文章を表示させるのだ(その2) | トップページ | [奮闘記]文字を動かしてみるのだ(その2) »

1.奮闘記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67538/57445591

この記事へのトラックバック一覧です: [奮闘記]文字を動かしてみるのだ(その1):

« [奮闘記]文章を表示させるのだ(その2) | トップページ | [奮闘記]文字を動かしてみるのだ(その2) »