« ノートン2008の不具合_その3 | トップページ | 備忘録 »

ノートン2008の不具合_その4

その1
その2
その3

新しい現象です。

0x800704db

・・・まぁ、またエラーなわけですが(泣)
今度は「Auto-Protectに予想外のエラー」ときました。

その3では触れませんでしたが、実はインストール直後は何も設定を変えていないのにメールの送受信は問題ありませんでした。しかし次の日PCを起動したら、メールサーバーに接続できない。ファイアウォールの設定を許可に直してもダメ。仕方が無いので以前同様電子メールスキャンを送受信ともにオフに変更しました。すると約5分後にこのメッセージ。

それ以外にも、「ウィルス/スパイウェアスキャン」をしなさいと促されたのでやろうとしたら、こんなメッセージ。

Can_not_scan

・・・何回再インストールすれば、ちゃんとインストールされてくれるのかな?
実家の親父とお袋のPCに入れたやつは本当に大丈夫なのかな・・・?

« ノートン2008の不具合_その3 | トップページ | 備忘録 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

 初めてコメントを書かせていただきます。

 私もノートン2008を使用していまして、このホームページに書かれているノートン2008の不具合_その4に遭遇しましたが、
先日やっと復旧しました。
 
 以下は今までの状況です。

 現在使用しているパソコン(マウスコンピューター社製デスクトップ・OSはVista・4月の2日頃にSP1適用
・ノートン2008インストール)を2008年4月5日までネットに接続していました。

 その後このパソコンをネット環境がない部屋へ移動させてネット接続させずに使用していましたが、
4月20日に元の部屋に戻しまして、ウインドウズアップデート及びLiveアップデートをした直後からパソコンの
状態が不安定になり

1・起動中や作業途中に原因不明の再起動を繰り返す。

2・上記1の状態がウイルスによるものと疑いノートンのアイコンをクリックしたり、ウイルススキャンを実行しようとすると、
 「Auto-Protectに予想外のエラー 0x800704DB」が表示されたり、全体の20パーセントぐらいまでのスキャンをしているときに
「NortonInternet Security がコンピューターをスキャンできませんでした。一部の・・・・ためです。」と表示されて、
 それ以降のウイルススキャンが出来なくなる。

3・ファイルのコピーや消去に時間がかかる。

4・上記2のノートンのエラーなのにノートンのログにエラーの履歴が表示されない。

5・ブルースクリーンが表示される。

 などなど、細かい不具合から、ウイルススキャンが出来ないなどの致命的な不具合まで、不具合のオンパレード状態で、
「Windows Meの再来か、まだノートンのライセンスが十分残っているのに絶望した。」と本気で思いました。

 私の場合はメールはトランセンド社製のUSBメモリに付属のJetFlash Eliteの一世代前のプログラムを使用しています。
ネットにつなぐパソコン本体にメールをはじめとした個人情報を残しておきたくないのでプロバイダーからのお知らせメールと、
googleメールはこのプログラムを使用しています。メールの送受信の時だけUSBメモリをパソコンに付けています。このメール
プログラムは一連の不具合の最中でも問題なく使用できました。(ノートンではこのメールプログラムの通信内容の監視が出来ない
だけかもしれませんが。)

 この時点ではパソコン本体の不具合か、Vistaかノートン2008いずれかの問題か判りませんでしたので、とりあえず
アクロニスのイメージデーターを使用しましてVistaSp1適用前に戻した上で、ウイルスバスター体験版をインストールして
状態を見ていましたところ問題なく動作するようになりましたので「WindowsVistaSp1かノートンのいずれかのプログラムに、
問題があるのだろう。あるいは両方か?」と思い「ノートン・不具合」などで検索をかけたところ、こちらのホームページに
たどり着きました。

 ノートンは2002頃から使用しているのですが、「ノートンログ」が記録できることがノートンの魅力でして、このために他の
ウイルス対策ソフトを使用することはありませんでした。

 ノートンは以前にも色々と問題が起こっても過去の私の経験から、約1ヶ月程度で問題の修正がいつのまにかされるので、
ウイルスバスター体験版から、カスペルスキー体験版、そしてEスマート体験版と1製品2週間程度体験版を使用しましたが、
「私の場合、不具合から1ヶ月半程度経過したので問題点も修正されているだろう。」と思いまして、先日アクロニスデーター
を使用してリカバリー・WindowsVistaSP1適用・ノートン2008インストールをしたところ、見事上記不具合は解消されていました。
ほっと一安心です。手間は掛りますがノートン社製品に限らずセキュリティソフトはクリーンインストールしたほうが結果が良いようです。

 ウインドウズアップデート・ノートンのLiveアップデート後にノートンの完全ウイルススキャンを行いましたが最後まで問題なく終了し、
この一連の問題がやっと終了しました。JetFlash Eliteのメールの送受信も問題なしです。その他の不具合も起こっていません。

 結局Vistaか、ノートンどちらに問題が有ったかは判りません。
 
 しかしながら今後いつまた似たような問題が発生するかは判りませんので、多少の不安はあります。

 そしてノートン以外のセキュリティソフトを試すということも出来たので、多少は今使用しているパソコンの性能の実態が
把握出来たと思います。メモリを増やしたりCPUをデュアルコアに変更しないと、ノートンやカスペルスキーでは厳しいようです。
Eスマート体験版の軽さは低スペックの私のパソコンでは物凄く快適でした。

 色々と書き連ねてみましたが、まだ十分にノートンのライセンスが残っているようでしたら、もう一度だけノートンのインストール
をお奨めします。もったいないですからね。アクロニスやノートンゴーストを使用して、OSのみ、もしくはOSプラスセキュリティソフトなど、
幾つかリカバリーデーターを作成しておけば問題が起こってもリカバリーの時間が大幅に短縮できて管理が楽になります。
もちろん不具合を気にすることのないEスマートも、精神衛生上大変良い製品です。

 それでは失礼します。

たまご様

コメントありがとうございます。ブルースクリーンまで出ましたか・・・XPを使うようになってからは見たこと無いです。MEの頃は1ヶ月に1回は見てましたけど(苦笑)Vistaは重そうなので見送ってます。

ノートン2008をインストールしてから4ヶ月我慢しましたので、残念ながらもう一度試す気にはならないです。私も最初は「すぐに対策されるだろう」と甘く考えてたのですが・・・

3台インストールできる標準パッケージで購入して、親父とお袋のPC2台にインストールしてありますので、1台分は諦めます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67538/57445568

この記事へのトラックバック一覧です: ノートン2008の不具合_その4:

« ノートン2008の不具合_その3 | トップページ | 備忘録 »