« facebookをはじめてみた。 | トップページ | [書評]茂木健一郎氏「人生が驚くほど変わる 龍馬脳のススメ」 »

[書評]岡崎太郎氏「金がないなら知恵をしぼれ!ビジネス着想100本ノック」

金がないなら知恵をしぼれ!ビジネス着想100本ノック
岡崎太郎
梧桐書院
売り上げランキング: 3603

[購入のきっかけ]
夢は、無計画のほうが実現する」を読んでいる途中、Twitterで岡崎太郎氏を見つけ「拝読中です」と投稿したら、お礼とともに薦められた本。ちなみにすぐにAmazonで注文したのだが、手元に届くまで時間がかかってしまった。コンビニ受け取りの前払い設定にしたら、入金待ちメールが行方不明になっていて、気がついたら発送取り消しになってしまっていたという顛末。

[概要]
岡崎氏が、ビジネスのアイデアをどのように発想するかを、具体的な事例とともに紹介したもの。着想力・発想力を高めるためのトレーニングも付いている。

[目次]
Part1 マーケティング脳を目覚めさせる100本ノック
Chapter1 未開のマーケットを見落とすな
Chapter2 価格とコストの根拠無き神話を打ち破れ
Chapter3 不満・疑問・違和感の感度を高めよ
Chapter4 時代の変化を甘く見るな
Chapter5 エンターテイメントな発想を解き放て
Part2 好奇心を高めるトレーニング

[感じたこと]
100本ノックの名に相応しく、これでもか、これでもかと、岡崎氏の考え方を投げかけられる。脳のトレーニングにいい。是非、文庫本サイズでも出して欲しい。

私も1つ、トレーニングをしてみる。

●あなたが考える、自分の業界のタブーを5個リストアップしよう

会社を辞めて業界を抜け出したばかりなので、自分が"いた"中古車業界のタブーを挙げることにする。

  • オークション会場に、一般消費者を連れていくこと(※オークション会場は業者間取引の場で、一般消費者は立ち入り禁止になっている)
  • オークションの外部応札システムを、一般消費者に使わせること(※会場へ行かなくても、店舗からリアルタイム応札ができるシステムがある。もちろん一般消費者は使用禁止)
  • オークション会場が、応札システムを一般消費者に開放すること(※つまり誰でも応札できるようにしてしまう)
  • Gooやカーセンサーなどの雑誌媒体社が、誌面掲載なしでネットへの掲載を認めること(※印刷物を発行する前提の掲載料なので、もし"ネットだけ"掲載ができると安価になることが期待される)
  • Gooやカーセンサーが、個人間売買の仲介をすること(※つまり業者飛ばし)

既存のプレイヤーにとっては、自分で自分の首を絞めることになるからタブー。だが、新規参入者には、何もリスクはない事項だったりもする。実際、既に始まっていることもある。

私が業界に身をおいた11年間でも、多くのことが変わったように思う。ただ、変わっていない所もたくさんある。これからもっと変わっていくだろう。恐ろしい勢いで淘汰が進んでいくに違いない。恐らく大手が余力のあるうちに、次の手を打つと思うのだが。

« facebookをはじめてみた。 | トップページ | [書評]茂木健一郎氏「人生が驚くほど変わる 龍馬脳のススメ」 »

書評:ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67538/49056711

この記事へのトラックバック一覧です: [書評]岡崎太郎氏「金がないなら知恵をしぼれ!ビジネス着想100本ノック」:

« facebookをはじめてみた。 | トップページ | [書評]茂木健一郎氏「人生が驚くほど変わる 龍馬脳のススメ」 »