« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の21件の記事

Googleリーダーに乗り換えてみた

今までRSSリーダーは、Firefoxのアドオン「Sage」を使っていました。これはこれで便利だったんですが、購読件数が多いため更新に時間がかかる&重いという不満が。そこで、遅ればせながらGoogleリーダーを使ってみることにしました。

続きを読む "Googleリーダーに乗り換えてみた" »

徒然日誌を復活させました

文京の街角」を書評を中心としたブログとし、過去の日記や趣味などの雑多なエントリーは全てこちらの「徒然日誌」に移しました。アクセス解析を見ていると「Your'n You-Yon Your You-Yon」で検索して来る方が多いので、ビジネス書評とは分けた方がいいかな?という判断です。

Facebookの「いいね!」ボタンを設置してみた

Facebookも最近は、急激に日本人が増えているような気がします。そこで、このブログにも「いいね!」ボタンを設置してみることにしました。FaceBookをやっている方で、エントリーが気に入ったら押してみて下さい。

続きを読む "Facebookの「いいね!」ボタンを設置してみた" »

[書評]日経ビジネス2010.8.30「霞ヶ関をぶっ壊す」

民主党が大躍進し政権交代を成し遂げた昨年の衆院議員選挙では、マニフェストの5原則1番目に「官僚丸投げの政治から、政権党が責任を持つ政治家主導の政治へ。」と書かれていた。民主党Manifesto2009(PDF)を今読み返すと、1年経って何が実現できたんだ、とため息が出そうになる。

今週の日経ビジネスでは巻頭に、官僚に翻弄される政権の現状、成長を妨げる霞ヶ関の負のシステムや、官民の人事交流についてが特集されている。

日本の官僚制度の大きな問題点は、省庁ごとの縦割り行政から来る省益優先主義だ。年功序列を基本とする給与・人事体系と、各省庁ごとの天下り斡旋システムがこれを支えてきた。

それを民主党政権がぶっ壊してくれるのを、私も期待していたのだが・・・。結局、衆院では大勝しても、参院の過半数確保のため国民新党や社民党と連立してしまったのがケチのつき始めなのだろう。

続きを読む "[書評]日経ビジネス2010.8.30「霞ヶ関をぶっ壊す」" »

虫籠のカガステル

チキンの魂

オリジナルストーリーのWeb漫画。突然現れた虫達によって荒廃した世界、という設定。現在、最終章の大詰めまで話が進んでいる。ちょっとネタバレだが、12話「虫が獲物を目の前に食い殺さない事例はない」→あああ!気がつかなかった!という流れが秀逸。そういうネタ仕込みだったのか、と感心した。でもこれ、ハッピーエンドにはならないだろうなぁ・・・この予想を、良い意味で裏切って欲しい。

BALANCER

火源都

オリジナルストーリーのファンタジー系Web漫画。"天使"に憧れる少女と"魔法"・"天界"といった世界観。現在も連載中。作者が出産のためしばらく休止していたが、最近再開。休止前は、数ページづつだがほぼ毎日更新されていた。続きが気になってしょうがないので、毎日更新状況を確認してしまう。

※なお、初期の話はコミック化され、Web上は一部だけ公開されている。

BALANCER (アルファポリスCOMICS)

BALANCER 2 (アルファポリスCOMICS)

DUDS_HUNT

DUDS_HUNT

※暴力表現注意

「マーキー」を奪い合うゲーム「DUDS HUNT」に、のめり込んでいくサラリーマンを描く読みきり漫画。キーワードは"敵討ち"。

i2iのアクセスランキングを設置してみた

何気なくtwitterのTLを眺めていたら、こんなつぶやきが。

http://twitter.com/onikohshi/status/22061199708

「ブログで稼ぐってどういうこと?意味わからん!」元同僚からよく言われます。ちょっと前までは僕自身もそう思ってました。 http://ameblo.jp/fwnv2744/entry-10463604185.html

正直言って、「アフィリエイトでガンガン稼ぐなんて、無理でしょ」と今でも思っています。でも、やってみなきゃ判らん、実際のところ本気でやったらどうなるか、試してみたいとも思っています。だから、このつぶやきのURLを読んでみることにしました。

続きを読む "i2iのアクセスランキングを設置してみた" »

ココログ広場に登録してみた

ココログの新着記事をカテゴリ別に自動登録していた「ココフラッシュ」が、4月から「ココログ広場」に変わっていたらしい。全然気づかなかった。せっかくなんで、色々調べてみました。

続きを読む "ココログ広場に登録してみた" »

[書評]ヤシマノブユキ氏・memnock氏「Androidの力をとことん引き出す Xperiaビジネス活用術 +『オクトバ』監修ベストソフト60」

Androidの力をとことん引き出す Xperiaビジネス活用術 +「オクトバ」監修ベストソフト60
ヤシマ ノブユキ memn0ck
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 2553

[購入のきっかけ]
池袋ジュンク堂でタイトル買い。

[概要]
Xperiaを有効活用するための参考書。

[目次]
第1章 基本編
第2章 Xperia完全ガイド
第3章 ビジネス活用術
第4章 ベストソフト60
第5章 FAQとトラブルシューティング

続きを読む "[書評]ヤシマノブユキ氏・memnock氏「Androidの力をとことん引き出す Xperiaビジネス活用術 +『オクトバ』監修ベストソフト60」" »

[書評]堀江貴文氏ほか「就職しない生き方 ネットで『好き』を仕事にする10人の方法」

就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法
堀江 貴文 西村 博之 塩見 直紀 佐藤 大吾 古川 健介 家入 一真 堀内 議司男 登 大遊 深水 英一郎 蝉丸P
インプレスジャパン
売り上げランキング: 8369

[購入のきっかけ]
堀江貴文氏の「稼げる 超ソーシャルフィルタリング 」を、Amazonで注文する際にレコメンドされ、タイトル買い。

[概要]
就職せず、インターネットを活用して好きなことを仕事にする10人へのインタビュー。それぞれの生き方、考え方が、参考になる?

[目次]
Chapter1 マニュアル世代だから就職も起業もマニュアル通りやりました
学生社長からリクルート社員に転身後、ふたたび独立 株式会社ロケットスタート 代表取締役社長 古川 健介
Chapter2 今なら起業しないで「まぐまぐ」やったかも
「おもしろいこと」をやり続ける「まぐまぐ」開発者 株式会社未来検索ブラジル 代表取締役 深水 英一郎
Chapter3 坊さんは、なるよりも続けるのがむずかしいかと・・・
ニコニコ動画で仏教を説く現役住職 動画作者・住職 蝉丸P
Chapter4 自分だけのコンセプトが見つかればそれで食べていけるんです
半農半X(Xエックス=天職)をコンセプトにUターン半農生活 半農半X研究所 代表 塩見 直紀
Chapter5 家元宅に住み込み修行の日々、ネットだけが世界への懸け橋だった
ネットで飛躍した脱サラ茶人 遠州流 茶人 壷中庵・宗長 堀内 議司男
Chapter6 要望にこたえるうちいつのまにか「社会起業家」と呼ばれていた
阪神大震災ボランティアとのネット交流が人生を変えた NPO法人チャリティ・プラットフォーム 代表理事 佐藤 大吾
Chapter7 選ばれる側がいやなら、選ぶほうになればいいんです
元引きこもりのJASDAQ最年少上場IT社長 株式会社paperboy&co. 代表取締役CCO 家入 一真
Chapter8 ほんとに好きなことだけやっている人が集まれば大きなことができる
産学官連携事業の雄、"天才プログラマー" ソフトイーサ株式会社 代表取締役会長 登 大遊
Chapter9 100億円行かない会社なんて、いかにもハンパでしょ?
100億円を稼ぎ出した「想定外」の元IT社長 元ライブドア代表取締役社長CEO 堀江 貴文
Chapter10 もし失敗したら、いいネタにできるじゃないですか!
元巨大掲示板2ちゃんねる管理人 株式会社未来検索ブラジル/株式会社ニワンゴ 取締役 西村 博之
Appendix 就職はしたけれど、社長になってしまいました
巻末対談 古川 健介×西村 博之

続きを読む "[書評]堀江貴文氏ほか「就職しない生き方 ネットで『好き』を仕事にする10人の方法」" »

[書評]板倉雄一郎氏「失敗から学べ!『社長失格』の復活学」

失敗から学べ!「社長失格」の復活学
板倉 雄一郎
日経BP社
売り上げランキング: 158301

[購入のきっかけ]
板倉雄一郎氏のノンフィクション「社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由」が、非常に面白く役に立ったため、同じ著者の次回作を読んでみたくなったから。初版は2002年で、既にAmazonでは新品が売っておらず、中古品を購入。

[概要]
ベンチャー企業の経営に失敗した著者が、その経験を元に記した「起業家」のためのビジネス書。そもそもベンチャー企業とは何か、起業するためには何が必要か、間違いを犯しやすいのはどこか、などを、自身の失敗談を交えつつ、判りやすく具体的に解説している。

[目次]
本編に入るまえに - 今こそ、失敗から学べ!
第1章 起業のススメ - ベンチャーの基礎を学ぼう!
第2章 「社長失格」の失敗から学べ!
第3章 実践!起業入門/仕事入門
第4章 企業家/経営者は、どこで間違うのか?
第5章 ベンチャーの常識・非常識
最後に - 夢と理念の達成に向けて

続きを読む "[書評]板倉雄一郎氏「失敗から学べ!『社長失格』の復活学」" »

[書評]畑村洋太郎氏「失敗学のすすめ」

失敗学のすすめ
失敗学のすすめ
posted with amazlet at 10.08.09
畑村 洋太郎
講談社
売り上げランキング: 46535

[購入のきっかけ]
もうすぐ"元"になる上司が、事業部の会議の際に薦めてくれた一冊。初版が2000年11月で、私が持っているのが2005年5月の第24刷。今も新刊在庫があるようなので、ずっと売れ続けているベストセラー。

[概要]
失敗を認め正面から向き合うのではなく、忌み嫌い隠そうとする日本の文化は、創造性を欠落させてしまった。人間がやる以上失敗は必ず起こるもので、責任追及よりも、原因分析・情報共有と伝承に勤めることで、真の創造がスタートする。

[目次]
プロローグ 失敗に学ぶ
第1章 失敗とは何か
第2章 失敗の種類と特徴
第3章 失敗情報の伝わり方・伝え方
第4章 全体を理解する
第5章 失敗こそが創造を生む
第6章 失敗を立体的にとらえる
第7章 致命的な失敗をなくす
第8章 失敗を生かすシステムづくり
エピローグ 失敗を肯定しよう

続きを読む "[書評]畑村洋太郎氏「失敗学のすすめ」" »

[書評]板倉雄一郎氏「社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由」

社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由
板倉 雄一郎
日経BP社
売り上げランキング: 4497

[購入のきっかけ]

  • Twitterで、堀江貴文氏がフォローしている人を片っ端からフォローした
  • フォローした中に、板倉雄一郎氏がいた
  • 板倉雄一郎氏が、この本の電子出版化についてつぶやいているのを見て興味を持った

[概要]
インターネットを使った新サービスで脚光を浴び、数年で挫折・倒産した「ハイパーネット」の元社長、板倉雄一郎氏が、創業から事業に失敗した理由までを克明に記したノンフィクション。

[目次]
プロローグ 1997年12月24日
第1章 創業 1984年2月~92年九月
第2章 展開 1992年10月~95年8月
第3章 ハイパーシステム 1995年9月~97年1月
第4章 転落 1997年2月~10月
第5章 倒産 1997年11月~12月
エピローグ 再び、1997年12月24日

続きを読む "[書評]板倉雄一郎氏「社長失格―ぼくの会社がつぶれた理由」" »

太平洋クラブ市原コースに行ってきました

太平洋クラブ市原コース

もうすぐ"元"になる同僚と、ゴルフに行ってきました。太平洋クラブ市原コース。アップダウンはさほどありませんが、バンカーや池・立ち木が嫌らしい位置に配置されていて、結構難しかったです。1度、立ち木にカコーンと見事に当ててしまいました。同僚に「ナイスディフェンス」と言われ爆笑。池には5~6回入れました。OBは1~2回だったので、かなり池にヤラれた感じ。特にIN(前半)がボロボロで62、OUTは多少立ち直って56でした。

芝は非常に綺麗。グリーンは結構速いですが、段差はなく素直な作りだと感じました。パット数41は、私としては平均点。

ランチバイキングは、スタートが遅い時間だったので残量が若干乏しかったですが、おいしかったです。

日差しが強く暑い日でしたが、湿度が低く、風が吹きぬけていたので結構快適でした。ただ、ハーフパンツに靴下は失敗でした。

Dsc_0039_mini

痛い!痛いよ!見た目に痛いよっ!見事にツートンカラー。

Dsc_0038_mini

まぁ左手のグローブ焼けはある程度覚悟していましたが・・・。

ところで、今回始めてアクアラインを使いましたが、非常に快適ですね。川崎から木更津まで30分。東京湾をあっというまに横断してしまいます。残念ながら、海ほたるPAは行きも帰りも満車でしたが。

Dsc_0035_mini

※ 同僚に助手席から撮影してもらいました。

[書評]ティナ・シーリグ氏「20歳のときに知っておきたかったこと」

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
ティナ・シーリグ
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 23

[購入のきっかけ]
「100本ノック」をAmazonで注文したら、レコメンドされたので、ついで買いした一冊。

[概要]
スタンフォード大学で起業家精神とイノベーションの講座を担当している著者が、「社会に出たときに知っていれば良かった」と感じたことを息子に伝えるためにまとめたもの。

[目次]
第1章 スタンフォードの学生売ります - 自分の殻を破ろう
第2章 常識破りのサーカス - みんなの悩みをチャンスに変えろ
第3章 ビキニを着るか、さもなくば死か - ルールは破られるためにある
第4章 財布を取り出してください - 機が熟すことなどない
第5章 シリコンバレーの強さの秘密 - 早く、何度も失敗せよ
第6章 絶対いやだ!工学なんて女がするもんだ - 無用なキャリア・アドバイス
第7章 レモネードがヘリコプターに化ける - 幸運は自分で呼び込むもの
第8章 矢の周りに的を描く - 自己流から脱け出そう
第9章 これ、試験に出ますか? - 及第点ではなく最高を目指せ
第10章 実験的な作品 - 新しい目で世界を見つめてみよう

続きを読む "[書評]ティナ・シーリグ氏「20歳のときに知っておきたかったこと」" »

[書評]茂木健一郎氏「人生が驚くほど変わる 龍馬脳のススメ」

人生が驚くほど変わる 龍馬脳のススメ
茂木健一郎
主婦と生活社
売り上げランキング: 22519

[購入のきっかけ]
茂木健一郎氏のエントリー「自分自身からの脱藩」を読んでAmazonで注文。

[概要]
坂本龍馬の思考法を分析しまとめた「脳が喜ぶ10のレッスン」について。

[目次]
はじめに
LESSON1 【脱藩・決意編】小さな自分の「殻」を飛び出してひとり高度成長する
LESSON2 【プチ脱藩のススメ】危機に動じないしなやかさを身につける
LESSON3 【チャレンジ脳】自分を決めつけなければ脳はどこまでも伸びていく!
LESSON4 【下から目線がカギ】男からも女からもモテる「龍馬型会話術」を身につける
LESSON5 【おねえ力】男は女脳に、女は男脳に学び、自由とパワーを手に入れる
LESSON6 【セレンディピティ】運と出会いを自分に引き寄せる「幸運の行動力」を磨く
LESSON7 【プロデュース力】予想がつかない状況で場を仕切り、問題解決能力を育む
LESSON8 【成功力】小さな成功体験を積み重ねて自信を大きく育てる
LESSON9 【好奇心&バブル力】「楽観回路」を働かせて幸福感で心を満たす
LESSON10 【共鳴させる力】聞き上手になることが器を大きくする近道
スペシャル対談 杏&茂木健一郎 現代をみずみずしく生き抜くための、龍馬脳へのステップ
あとがき

続きを読む "[書評]茂木健一郎氏「人生が驚くほど変わる 龍馬脳のススメ」" »

[書評]岡崎太郎氏「金がないなら知恵をしぼれ!ビジネス着想100本ノック」

金がないなら知恵をしぼれ!ビジネス着想100本ノック
岡崎太郎
梧桐書院
売り上げランキング: 3603

[購入のきっかけ]
夢は、無計画のほうが実現する」を読んでいる途中、Twitterで岡崎太郎氏を見つけ「拝読中です」と投稿したら、お礼とともに薦められた本。ちなみにすぐにAmazonで注文したのだが、手元に届くまで時間がかかってしまった。コンビニ受け取りの前払い設定にしたら、入金待ちメールが行方不明になっていて、気がついたら発送取り消しになってしまっていたという顛末。

[概要]
岡崎氏が、ビジネスのアイデアをどのように発想するかを、具体的な事例とともに紹介したもの。着想力・発想力を高めるためのトレーニングも付いている。

[目次]
Part1 マーケティング脳を目覚めさせる100本ノック
Chapter1 未開のマーケットを見落とすな
Chapter2 価格とコストの根拠無き神話を打ち破れ
Chapter3 不満・疑問・違和感の感度を高めよ
Chapter4 時代の変化を甘く見るな
Chapter5 エンターテイメントな発想を解き放て
Part2 好奇心を高めるトレーニング

続きを読む "[書評]岡崎太郎氏「金がないなら知恵をしぼれ!ビジネス着想100本ノック」" »

facebookをはじめてみた。

Takanori Kobayashi

バナーを作成


5億人が参加している、世界最大のSNS。

続きを読む "facebookをはじめてみた。" »

[書評]岡崎太郎氏「夢は、無計画のほうが実現する」

夢は、無計画のほうが実現する
岡崎 太郎
梧桐書院
売り上げランキング: 18092

[購入のきっかけ]
会社を辞めることを上司に告げた翌日に、池袋ジュンク堂で巡り合った一冊。タイトル買い。会社を辞めた自分の決心が、間違ってないんだと勇気付けられた1冊。

[概要]
学歴なし、家柄なし、コネなしで起業した岡崎氏が、稼いでは失い、また稼ぐを繰り返す中で学んできた、人生にとって必要なことを書いた1冊。

[目次]
プロローグ
第1章 現状を嘆くな、現状に満足するな
第2章 人生は、波風を立てながら突き進め
第3章 「ラク」ではなく「楽しい」を選べ
第4章 思いっきり「常識がない人」を目指せ
第5章 姑息な戦略を捨て、夢と志を持て
エピローグ

続きを読む "[書評]岡崎太郎氏「夢は、無計画のほうが実現する」" »

湯島天満宮へお参り

さて、新しい門出をどのように始めようかと考えた時に、 最初に思い浮かんだのが湯島天満宮へのお参りだった。今まで仕事場は文京区だった。今後は、文京区に住むことになる。新しい門出を迎えるにあたって、神頼みをしてみたくなったのだ。

Dsc_0009_mini

続きを読む "湯島天満宮へお参り" »

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »